MANOI日記

プログラムのテスト

今日は、モーションの実行を試してみました。
以前に製作した首振りモーションです。
HTH_22.jpg
昨日の手順で、作業を進めた後、トリム調整の上ROMに全て保存ボタンを押し、トリム値などをRCB-4のROMに書き込みます。
その後、モーションを実行させることができます。
通常モーションを作成した後に、メニューバーのプロジェクト・ビルドからモーションをROMに書き込みます。

再生ボタンを押すと、サーボが稼動します。
  1. 2014/01/05(日) 19:15:42|
  2. RCB-4HV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HTH4からのサーボの稼動

少しばかり進めました。
サーボを動かすためには、プロジェクトを読み込み後、>RAMボタンで設定地をRAMへ書込ます。
その後、SYNCボタンを押すことで、サーボを稼動させることができます。

サーボを2つに増やしても各々ID0,ID1を別々に動かすことができます。

HTH_21.jpg

  1. 2014/01/04(土) 17:59:44|
  2. RCB-4HV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IDの書込成功

IDの書込成功。
ICS35_1.jpg
シリアルポートの番号を間違えてました。

で、あとから購入したサーボにもすべてIDを書込ました。
  1. 2013/12/27(金) 20:29:08|
  2. RCB-4HV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IDの書込

久しぶりにIDの書込をしようと思ったのですが、既にどのプログラムを仕様するかも忘れています。
ICS3.jpg
ICS3.5を仕様するまでは、思い出しました。
  1. 2013/12/26(木) 21:24:33|
  2. RCB-4HV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全部忘れています。

エルシオンも終わり、いよいよゆっくりですが、ロボットに復帰します。

がHTH4の使い方もすっかり忘れています。

当然ですが、KCB-3WLも。

まずは、取説の印刷から。
  1. 2013/12/19(木) 19:00:33|
  2. RCB-4HV
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

pepe32red

Author:pepe32red
鉄腕アトム・鉄人28号・エイトマンを白黒で見てきた世代。今はガンダムに夢中!とにかくロボットに毒され続けてます。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

おすすめSHOP

DARWIN-MINI&各種パーツは、こちらで購入できます。 DARWIN-MINIは、こちらで購入できます。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する